スタッフブログ
       
Home 事業内容 会社案内 採用情報 お役立ち情報 お問い合せ
サブイメージ
事業内容
         
通訳サービス

日本国内や海外出張時、外国人のお客様との正確でスムーズな会話は仕事を効率よく進めるためには必要不可欠です。フランシールはお客様が求める場所や状況で、様々な言語の組み合わせや幅広い分野に応えられる優れた通訳を、フランシール独自のネットワークを駆使して選定し、派遣いたします。

一般通訳
国際協力分野
海外長期派遣
フランシールの海外ネットワーク
通訳依頼の流れ
通訳料金
通訳実績

一般通訳


商談や研修、会議、表敬訪問、工場見学、検査、見本市や各種調査時に通訳を派遣します。お相手の国、言語、内容(一般的なものか、技術的なものか)をお知らせください。

また、例えば海外の見本市に参加したい、あるいは視察にいきたい、国際会議に参加したい、新しいプロジェクトを検討したい、調査やマーケティングをしたいという場合でも対応可能です。

これまでも、ヨーロッパへの出張や、アメリカでの工場見学、モロッコでの市場調査、中央アジアでのスポーツ大会の取材など、あらゆるお客様のご希望に応えてきました。英語以外に、フランス語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、アラビア語などの言語も対応可能です。

海外で通訳が必要になった際、場所によっては現地に住んでいる通訳も紹介可能です(フランシールの海外ネットワーク)。また、日本から通訳が同行する場合は、往復の航空運賃、交通費、宿泊費等をご負担いただくことになりますが、事前に打ち合わせなども出来るため、安心して出張にのぞめ、かつ短期間で成果をあげることが可能となります。 また、海外在住の通訳の場合は、事前の打ち合わせなどをすることは難しいのですが、コストを抑えることができます。

海外在住の通訳は日本人であることも、現地の国籍の通訳であることもあります。また、国によっては日本語を介さず、英語ーフランス語など、英語での会話をベースにさせていただく場合もあります。いずれの通訳も、過去の実績を確認し、お客様のニーズにあったレベルの通訳を派遣いたします。

まずはご希望をお聞かせください。 お客様のご希望条件を詳しくお伺いしたあと、弊社のコーディネーターが最も適したプランを提示させていただきます。


国際協力分野

フランシールが最も得意とするのが国際協力分野での通訳派遣です。特に、ポルトガル語圏やフランス語圏のアフリカや、ロシア語圏の中央アジア、スペイン語圏の中南米など、英語以外の言語が使われている国で、経験豊富な通訳を手配いたします。

これまでもチュニジアの放送案件や、モロッコの治安対策、ベナンの病院、モザンビークの森林資源、ハイチの橋梁、ウクライナの病院、タジキスタン、キルギスの空港機材案件など、数多くの調査に通訳を派遣しています。
また、現地時調査時の通訳だけでなく、入札や研修で来日されるお客様の通訳にも対応します。

日本のODAを使った調査の場合、通訳の力量が調査の質やスピードを左右します。相手国のカウンターパートとの折衝や大臣などを訪ねる表敬訪問時には援助の仕組みやプロセスの説明を適格な用語を用いて説明できることも重要です。通訳の実力としては、道路建設、橋梁、医療、教育、井戸掘削などの各分野にも精通していることが望ましく、即戦力となれる通訳はとても貴重です。フランシールではプロジェクトの国内解析、海外調査を通してお客様と働ける通訳をご紹介いたします。

また最近では日本からの派遣だけではなく、現地に住んでいる(あるいは近隣の地域に住んでいる)通訳派遣の要請も増えています。短い出張時や、事前の下調べ、現地でのアポイント等の調整員など、お客様によってご希望の通訳のレベルや言語も様々ですが、現地に精通しているスタッフだからこそお役にたてることも多くあります。(通訳が在住している国の例はこちら:上の表)


海外長期派遣

主に長期の建設現場(プラント建設、道路工事、港湾工事、建築工事など)には、通訳兼アドミスタッフを派遣しております。

たとえばアルジェリアの高速道路、コンゴの道路建設現場、ギニアビサウでの小学校建設、パプアニューギニアでの発電所など、主にインフラ整備案件が対象となります。

フランス語や英語など、その国で必要な言語能力と、より良い現場運営のために日本人スタッフと現地スタッフ、あるいは第3国スタッフとのパイプ役になります。通訳業務も行いますが、フランス語ならフランス語だけを使って現地の役所や銀行、税関などでの業務を行ったり、簡単な折衝にあたったりすることもあります。

インフラ建設など、長期案件が多く、ほとんどが1年契約などですが、2-3ヶ月の配置なども可能です。
厳しい現場の業務を少しでもスムーズに進めることがアドミスタッフの役目となります。


フランシールの海外ネットワーク

アフリカ モロッコ、セネガル、コンゴ民主共和国、ジブチ、カメルーン、ベナン、ブルキナファソ、チュニジア、モザンビーク、など
ヨーロッパ イギリス、フランス、ベルギー、ドイツ、 スペイン、ポルトガル、ノルウェー、オランダ、スウェーデン、ルーマニア、ウクライナ、ロシア、イタリア、ポーランド、セルビア、ボスニア など
中央アジア キルギス、カザフスタン、タジキスタン、 ウズベキスタン、トルクメニスタン、など
オセアニア オーストラリア、ニュージーランド、など
アジア  モンゴル、ミャンマー、中国、バングラデシュ、トルコ、韓国、シンガポール ベトナム、 ラオス、フィリピン、など
北米、中南米 アメリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、ボリビア、グアテマラ、コロンビア、ドミニカ共和国、パナマ、ペルー、ブラジル、キューバ、メキシコ、パラグアイ、ハイチ、など

  上向き矢印   このページのトップへ

通訳ご依頼の流れ

STEP1
言語、日程、内容をお知らせください。また、通訳者のレベル、人数、同時通訳か逐次通訳か(*1)、機材が必要かどうか(*2)などの希望もございましたらお知らせください。日程が確定していない場合でも、おおよその内容等を教えていただければ、概算のお見積と対応可能な通訳等をお知らせすることが可能です。

STEP2
日程が確定しましたら、改めてお見積書を作成します。
(初めてのお客様には原則として前払いをお願いしております。)
お客様のご希望、条件を考慮し、弊社コーディネーターが通訳者(場合により複数名)を選定の上、ご連絡いたします。ご依頼の際には、事前に打ち合わせが必要でしたらご連絡ください。また、通訳業務を開始するにあたって、資料等があるかどうか確認させていただきます(*3)。

STEP3
予めご連絡いただきました場所、時間でお客様と待ち合わせし、業務を開始します。

STEP4
お客様のご意見や感想をお伺いします。また、業務時間の延長がなかったかどうかを確認し、必要に応じて請求書を発行いたします。
*備考
*備考
(*1) 同時通訳:話者が発言するのとほぼ同時進行で、通訳者がその内容を通訳します。聞きながら話すことになるため、同時通訳には通訳機材が必要となります。
逐次通訳:通訳者が話者の近くにいて、メモなどを取りながら発言を区切って通訳をする通訳方法です。話者と通訳者が交互に話します。

(*2) 通訳機材: 発信機(マイク)と受信機(レシーバー)のセットが基本です。レシーバーは、会議に出席される人数分必要となります。フランシールでは通訳機材のレンタルも承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

(*3) 通訳業務にあたっては、どれほど経験のある通訳者が対応するとしても、良くまとめられた資料があるかどうかで当日のパフォーマンスが大きく影響されます。スピーチ原稿やプレゼンテーション資料なども出来るだけ事前にご用意ください。
  上向き矢印   このページのトップへ  


人材派遣での通訳

通訳料金

通訳実績

  上向き矢印   このページのトップへ
   
   
 
coming soon...
coming soon...
coming soon...
 
 

株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672

右向き矢印 アクセスマップ

 
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

上向き矢印   このページのトップへ 
 
会社案内
会社概要
社長メッセージ
会社地図
スタッフ紹介
What's New

事業内容
通訳派遣
人材派遣
翻訳
法定翻訳
料金表
これまでの実績
通訳海外ネットワーク
採用情報
採用情報

外国語サイト
English
Français
русский
お役立ち情報
国際協力用語集
アフリカ・ナビ
日英翻訳の心得
フランス語の手紙の書き方
フランス語の電話のかけ方
フランス語の数字
お問合せ
お問合せ窓口
Q&A


リンク
スタッフブログ
Facebook

|個人情報保護方針|

Copyright(C) 2015 FRANCHIR. CO., LTD. All Rights Reserved.