カテゴリー別アーカイブ: ギニア

ギニアだより☆VOL.10

ブルビネ漁港には大勢の働く女性たちがいます。

港内の小売り市場棟で大きな「鬼カマス」を売る女性です。

日本では、こんな大きな魚を手で持つ女性を見たことが無いので、

珍しい光景なので送ります。「鬼カマス」はこれをブツ切りにし、燻製に回します。

ブルビネ漁港内 カマスを売る女性

次は、ブルビネ漁港の満潮になる時の風景。

コンクリート桟橋の市の方から上部へ向かってひたひたと水が押し寄せてきます。

桟橋は、中央の境界線がり、右手が日本の某ゼネコン、

左手がやはり日本の別のゼネコンの作ったものです。

ギニアの人々に使われ続け、この漁港の人気を高めています。

第一次、 第二次のゼネコンは別だったけれど、

今や、日本ブランドという一つのブランドのなかで、

好評を博しています。

ブルビネ漁港 桟橋

最後に、ブルビネ漁港の網修理場の前のパン屋さんの風景を送ります。

バゲットは一番長いものが3,000ギニアフラン、短いものが1,500ギニアフランです。

ブルビネ漁港 パン屋さん

ギニア人にとって、お米、マニオクとならんでパンは三大主食のひとつです。

食事の基本であるパン。

バゲットとチーズとワインがあれば、これで事足りるとした多くのフランス人がいることは、誰もがよく知っていることです。

旧フランス植民地では、例外なく、バゲットは美味しいですね。

これもフランスが植民地に残した偉大なる遺産です。

(つづく)

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシー

ギニアだより☆VOL.9

カポロ漁村の中には、5, 6か所井戸があります。

もちろん水道が無いから、井戸を掘って使っているわけです。

井戸で水をくむ女性

深さ4, 5メーターの浅い井戸で、この女性のように、プラスティック製のバケツを井戸の中へ落とし、くみ上げます。

海がすぐ横にあるのに、塩気は全くない水です。良い地下水脈が流れているのでしょう。

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシー

ギニアだより☆VOL.7

 

ご無沙汰しています。またまたのギニアだよりです。ブルビネ漁港 行商人

 

ギニアのコナクリ半島の先端に位置するブルビネ漁港にきました。日本の公的援助ODAによって整備されたギニア一番の活況を呈する漁港です。今こうして、活況を呈しているのをみると、なんだかひどくうれしい気持ちになります。

コンクリート製の固定桟橋のところで撮りました。はるか向こうに見える島は、カサ島です。

写真のこの女性が、頭に担いでいるのは、石鹸ではありません。おやつとして食べるBoule d’ acasia (アカシア団子)で、

トウモロコシをひきつぶして煎り、アラシド油と砂糖を混ぜこねて作ったものです。現地に人たちはKagnan(カニャン)と呼び、しばしばおやつに食べています。

1個、500ギニアフラン(約5円)です。

(つづく)

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシー

ギニアだより☆VOL.6

 漁村の女性の大きな仕事は、魚を購入して、小売することとか、或いは、仲買として、小売人へ卸すこととか、あるいは、この女性みたいに、魚を購入して、燻製にすることです。

燻製の準備の女性

魚は、種類によって、開いてから燻製にするものと、全く獲れたままの状態で燻製にするものとがあります。

海ナマズなどは、開いてから、ニシンや小さな魚は、そのままの状態で燻製にします。

この「かまど」で燻製をつくります。

燻製用の竈

なんだか、僕らの世代には、なつかしい「かまど」です。

これよりは少し小さめになりますが、昭和20年代、30年代初めまでは、

日本中どこでもこのような「かまど」でご飯や味噌汁を作っていました。

そして土間でした。燃えている火を扱うので、当時は土間でないと危険でした。 

昔、日本の田舎の大きな旧家へ行くと、このような大きな「かまど」に出会ったものです。

写真手前が、開いた魚の燻製、向こうに見えるのが、そのままの状態の魚の燻製です。

(つづく)

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシー

ギニアだより☆VOL.5

ギニア便りが滞っていました…。

(現地からの写真は届いていたのに…(>_<))

**********

コナクリ市内には、あちこち露天の市場が開かれています。

お米を売る人を収めました。

お米は、マニオクとパンとならんで、ギニアでは三大主食の一つです。

お米は、1キロあたり5,000~10,000ギニアフランです。(10,000ギニアフランといっても日本円では120円程度です)

(今のお金の相場は、1米ドル=9,000ギニアフランです。)

露天市場のお米売り

ところかわって、漁村。

漁網を修理する場所は、相当な面積を取ります。

小さな整備されてない漁村では、場所が無いので、こうして干潮時に男どもは漁船の上で網の修理をします。

   漁網修理の男たち

こちら漁村の風景です。

漁村の民家

(この子は何を口にしているのやら?ジュースかな?)

この人たちの奥に小さな家の入口が見えます。

中をのぞいてみると、6畳間ぐらいの大きさです。これ一間だけです。

何人で寝泊まりしているのかを尋ねると、7人ぐらいで生活していると言います。

今の現代日本からは考えられない空間です。

が、皆屈託なく、明るく生きているようです。

(つづく)

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシー

ギニアだより☆VOL.4

コナクリ市内の風景をおくります。近代的なビルとビルのあいだには、トタン屋根の平屋づくりの家々が続きます。

コナクリ市内 

道路わきには、マンゴの木があります。トタン屋根には、時々の強風よけのため、石が置いてあります。

雨季(5月末―10月末)には、相当な雨で(年4,000ミリ)、雨が強く降ると、トタン屋根のため、会話が聞こえなくなるほどです。

もっと近づいて見ると

トタン屋根の家々の一部を拡大して見ると、このような風景になります。一見、貧しそうに見えますが、人々は明るく元気です。

電気の無い家々も相当な数あります。

(つづく)

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシー

ギニアだより☆VOL.2

午後2時半ごろ、カポロ漁港の片隅のレストランらしきところで、昼食をとっている男どもの風景です。

昼食風景   

一つの大きなお皿にご飯を盛り、そこへアラシド油(落花生油)で煮込んだ魚のミンチボールとスープをかけ、5,6人で食べています。ギニアの田舎へ行くと、午後3時から4時ごろに昼食兼夕食を取り、一日2回の食事です。

さすがにコナクリの都会では、漁民たちは、午後2時ごろこのように食べ、また夜9時ごろ再度夕食をとり、3回の食事をしています。

田舎では一日2回の食事、また都会でも貧しい人たちは一日2回の食事です。3回食事がとれるのは、ある程度、余裕のある人たちです。

レストランで働く女性たち

カポロ漁港のなかのレストランで働く女性たちを収めました。丁度、レストランが終了する頃だったので、みな、外へ出て、デジカメに納まりました。一番手前の女の子は、果たして、何歳でしょうか。

大魚

カポロ漁港では、ボンガ、アジ、海ナマズららもたくさん水揚げされます。時には、このような大魚(魚種はわからず)も水揚げされます。

水揚げ時、仲買あるいは小売りの女性たちが、大きな声を出して、魚を仕入れています。

カポロ漁港の水揚げ時

(つづく)

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシール

ギニアだより☆Vol.1

さて、新たな海外通信がはじまります。今回の国は、西アフリカのギニアです。

はて、ギニアとはどこ?という方に…

こちらです。

↓↓(緑色に塗られているところ)

ginia-1

**********

4月25日ギニア コナクリに到着し、早速市内のあちこちで風景を撮りました。    

なにしろ暑いですが、ギニア人たちは、老人を除いて、みなエネルギーと精気にあふれています。

ギニアは、なにしろマンゴの木々があふれている国です。

またマンゴをあちこちで売っています。

マンゴの大木とマンゴ売りのおばさんたち

ギニア カポロ地区でマンゴ料理を売る露天商の女性です。

マンゴ料理を売る娘さん

マンゴの皮をむき、ジャガイモとトマトを混ぜ、ヤシ油(赤い油)で煮込んだ郷土料理です。マンゴがたくさんあるので、この料理は、あちこちの家庭でも作っています。

よちよち歩きの子供を撮りました。

子供

撮られると、すぐに、怖がって、家の中へ引っ込んでしまいました。頭髪のスタイルがいいですね。結うのに結構時間がかかるのかも。

カポロ地区の小学校の校門の前では、現地の小学生にカメラを向けました。

小学生

さて、こちらは現地の働く女性たちです。みな生き生きとして、懸命に働いています。

ご飯をかき混ぜる女性

それに比べると、男どもは、壁にもたれ、木陰のベンチに座り、なにをしているのやら。

ご飯を炊き、その上に魚や野菜を煮込んだスープ状のものをかけ、ご飯を食べます。炭火でご飯を炊きますが、やはり45分間はかかります。

懸命に働く女性たちって、いいですね。この世で生きるとは、こういうことだ、とでも言っているようです。

(つづく)

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシール